楽しみのオンパレード横浜みなとみらい周辺

横浜はとても人気のあるエリアです。とくにみなとみらい周辺エリアは「楽しみ」が凝縮されたとてもホットなスポットです。一日周れるみなとみらい周辺の観光ルートを紹介したいと思います。まず、都心から1本で到着可能なみなとみらい線終点、中華街・元町駅で下車しましょう。そこにはいきなり中華街、山下公園など観光スポットが飛び込んできますが、まずは元町へ移動して元町モールからスタートです。元町モールはとてもハイソな空気漂うショッピングロードです。裏通りのおしゃれなカフェを見つけてお茶するのも良しです。そして元町から少し坂を登ると外人墓地が見えてきます。外人墓地の近くには港の見える丘公園というバラ園を持つロマンチックな公園があります。この公園からの横浜ベイエリアの景色は絶景です。そしてこの公園をフランス山と名付けられたエリアを抜けて下っていくと山下公園にたどり着きます。山下公園は横浜を代表する横浜港に面した大きな公園で、港には氷川丸という観光可能な客船も停泊しています。
次は中華街へ移動です。日本三大チャイナタウンとしても有名な場所です。連日たくさんの観光客で賑わっています。ここで美味しい中華料理を堪能するのも良いでしょう。次は更に移動して山下公園のお隣に面する大桟橋です。ここには大きな外国の客船も停泊しにやって来ます。運が良ければ豪華客船に遭遇なんてこともありますよ。入港スケジュールをチェックして出かけるのも手です。
次はお隣の赤レンガ倉庫へ移動です。ここもとてもロマンチックムードが漂うスポットです。週末はイベントが開催されていてとても賑わいます。おすすめは冬季限定ではありますが小さなスケートリンクが出現して更にロマンチックムードを演出してくれます。赤レンガ倉庫の中は美味しい飲食店や、可愛い小物や洋服を揃えたおしゃれなショップも展開しています。
次は大きな観覧車がそびえ立つコスモワールドに移動です。この大型観覧車はみなとみらいのシンボルと言ってもいいでしょう。大都会のアミューズメントパークと言った感じで周りの高層ビルと観覧車やジェットコースターのミスマッチ感がとても素敵です。夜景もとても綺麗でデートコースには欠かせないエリアとなっています。
そして最後はみなとみらい駅の上に立つファッションビルです。ランドマークやマークイズなど、おしゃれな物をたくさん揃えたファッションビルが連なります。子供から大人まで楽しめるショッピングエリアです。
都心に戻られる人はここから帰るのが便利です。
ざっと紹介してきましたが、横浜みなとみらい周辺はとにかく「楽しみ」がいっぱい散りばめられたエリアです。きっと素敵な時間をたっぷりと堪能出来るはずですよ。

中華街・裏通りの名店

横浜中華街といえば日本三大中華街の1つとして、人々が食を求めて集まってくるところです。最近では「中華」だけでなく、横浜大世界やチャイナスクエアのようなアミューズメント施設も多くなり、隅々まで楽しもうと思えば、1日いても飽きないような場所になっています。そんな中華街で一番賑わっているのは中華街大通りです。ここには聘珍樓、萬珍樓、重慶飯店、華正樓等、高級中華の名店もある一方で、江戸清の豚マンや最近はやりの焼き小龍包が食べれたりとバラエティに富んだお店が点在しています。また、アミューズアムユメント施設も多くがこの通りに面しており、ここが「中華街」といわんばかりに混雑しています。そんな中で私が普段行くのはこうした賑わいの中華大通りから少し外れた路地や裏通りのお店です。案外、そうしたところに名店があるのです。
一押しは秀味園です。ここは関帝廟通りあるお店です。中華といっても台湾家庭料理のお店なので、正統派の中華とは違いますが、台湾でよく口にするような料理が提供され、台湾に行った気分になれる、そんなお店です。なんといっても一押しはルーロー飯です。味は本場さながら、値段は本場台湾よりは高いですが、ワインコインで食べれるのはうれしい限りです。他の料理もリーズナブルで、本当においしいです。正月でも定食があり、味よし、値段よし、サ−ビスよしのお店です。
菜香新館もよく行くお店です。飲茶するのならこのお店がお勧めです。今では菜香グループとなっていて、その中の菜香市場通り店には以前からよく行っていましたが、最近では菜香に行く場合はここ菜香新館です。飲茶は本格的で種類もあって味も美味しいです。ただし、混雑は半端じゃありません。ここへ行くときは順番待ちは覚悟しなければなりませんが行く価値は十分です。菜香といえば、すぐ近くに中華菓子のお店を出店しており、そこのマーライコーが好きだったのですが、残念ながら、昨年、火災にあって、お店を閉めていられるようです。ここのマーライコーは本当においしいのでお店の再開を祈っています。
焼売で有名なのは清風楼ですが、ここも関帝廟通りあるお店です。実はこのお店では食事をしたことがなく、持ち帰専門です。肉がたっぷり詰まった焼売はとてもジューシーでおいしいです。「焼売」だったら中華街でここが一番ですね(接客については賛否両論書かれていますのでご自分で判断いただければと思います)。持ち帰りといえば、同じ通りにある紅綿も大好きなお店の一つです。ここは中華菓子や中華まんじゅうのお店です。エッグタルトは安くてとても
おいしいです。中華街一だと思っています。蒸しパンやマーライコー等のお菓子もありますが、必ず勝って帰るのがチャーシューマンです。しっかり味のしみたチャーシューとパンズの相性が抜群です。来訪の際には、エッグタルトと一緒に買って帰ります。ちなみにこの通りには他にも乾物屋さんやお茶屋さんがあり、お徳用のジャスミンティーや烏龍茶をよく買って帰ります。
チャーシューマンに関していえば最近のお気に入りは南門シルクロードに面した大三元酒家の持ち帰り用です。紅綿よりは少し小さめですが、自宅で蒸かして食べるには丁度良いサイズです。チャーシューには紅綿より味がしみ込んでいて、おすすめの品です。実はこのお店の前はこれまで通ることが殆どなく、気づきませんでした。飲茶もいろいろあるようなので今度は食事もしてみたいです。
最後に紹介するのは酒屋です。蘇州小路にある一石屋酒店です。ここの品揃えは充実していて、お酒については店主がいろいろと説明してくれます。「ここまで来て」と思うのですが、毎回、おいしいお酒が手に入るので立ち寄ってしまいます。
このように中華街の中には、有名店も含め500以上のお店があります。大通りの有名店もいいのですが、裏通りで自分好みのお店が見つかるかもしれませんね。

横浜情報

岐阜県の郊外と思えないほどの繁況ぶりの神社

私は三重県の北勢にある桑名に住んでいます。東海地区のテレビではかなり取り上げられている岐阜のお千代保稲荷神社へは車で40分位で行けることもあり、小さい頃からよく行っています。特に毎月月末の夜から翌日1日の明け方にかけ、夜通しで月並祭という縁日が開催されており、朝まで営業しているお店も多くとても賑やかな祭です。お千代保稲荷神社は通称「おちょぼさん」と呼ばれており岐阜県海津市という愛知、三重の県境に位置するのどかな場所です。
そんなのどかな場所とは思えないほど、おちょぼさんは賑やかで特に月末月始が日曜日と重なると歩くのもやっとなほどの賑わいになります。駐車場に車を止めて神社にお参りに行くのですが、参拝する場所までたくさんのお店が並んでおり特に串カツやどて煮の良い匂いがします。とりあえず参拝を行ってから食べ歩きを楽しもうと足を進めます。社殿の入り口付近に到着するとお供え用のお酒と油揚げを売るお店があり藁に通された三角の油揚げが面白いようにさばかれていきます。参拝者は指定の場所にろうそくを立てて、このお供えをして、商売繁盛などのお願い事をしますが、そのお供え物が拝殿の前にどっさりと並べられており、あまり見かけない異様な風景です。参拝を終えまわりをみてみると境内のお参りする場所にはあちこちに名刺が挟まれています。ありとあらゆる業種の方が仕事がうまくいくように願いを込めて名刺を挟んでいくようです。ここはナマズ料理が有名で、ナマズのかば焼き定食を提供しているお店がたくさんありますが、私が必ず食べるのは串カツです。串カツを扱っているお店もたくさんあるのですが、その中でも「玉屋」というお店に私はよく行きます。店頭には立ち食いする人でいつも溢れかえっています。串カツ80円、どて煮80円とお値打ち価格でふらっと立ち寄り揚げたての串カツ、どて煮を食べて満足したら「○本です」と串を渡したら会計をしてくれるシステムです。串カツはソースで食べる人もいますが、東海地方らしい赤みそをグツグツと煮たどて煮用の鍋にドボンと串をつけてみそ味で食べている人も多いです。もちろんソースもどて煮鍋も二度付け禁止です。ビールを飲みながら食べるともうたまりません。そしてこのお店のもう一つの楽しみ方は店内の豪華な内装です。特に私がいつも驚くのは洗面所や、トイレが金色という所です。トイレットペーパーホルダーやコンセントなど金でないところが見つからないほど完璧に作られた場所です。そしてお土産としてオススメなのが「芋にいちゃんの店」というお店の大学芋です。メイン通りを歩いていると小道から甘く香ばしい香りが漂ってきます。その香りをたどっていくとお店にたどり着きます。運が良ければ丸メガネで学ラン姿の芋にいちゃんにも会えます。ここの大学芋は宝石のようなつやで、食べるとサクっと音を立てるほど外はサクサクで中はホクホクとして甘いさつまいもです。やはり出来たてが一番おいしいので、駐車場へ向かうまでに歩きながら1パックをぺろりと食べてしまいます。帰宅する際、おちょぼさんに人はたくさんいますが、郊外という事もあり、少し離れると車もそれほど多くなくスムーズに帰れます。雰囲気も良く何度行っても楽しめる場所です。

岐阜情報